AWS CLIのインストールについて(Ubuntu 16.04.4) - 株式会社CoLabMix

AWS CLIのインストールについて(Ubuntu 16.04.4)

AWS CLIのインストールを実施しましたが少しエラーなど出たのでメモなど。

改めてAWS CLIのインストール要件は以下となります。

・Python2 バージョン 2.6.5 以上、またはPython3 バージョン 3.3 以上

今回、色々検証しますがAWS CLIの環境などは独自にしておきたいのでVagrant上のUbuntuで実施。

OSのバージョンなど。

 

あ、ちと古い。

Pythonのバージョンも確認。

 

 

AWS CLIを入れるのは大丈夫でしょう。

ということでインストールです。

 

 

あれ、エラーが。

pipをアップグレードしなさいと。

 

次はパーミッションですか。
sudoして。

 

無事入りました。

さて、AWS CLIのインストールに。

 

おや、そんなファイルがないと言われてしまった。

pip install --upgrade pipしたらNo such file or directoryになる

上記を参考にキャッシュの削除で。

 

こちらで再度インストールの実施。

 

無事入ったようで。

 

version確認でも動きました。

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

    関連記事

    1. Railsアプリの CentOS7 + nginx 環境を 無料 の …

    2. 【Django】入力フォームの増減機能からDBに保存する方法

    3. DockerでRails5.2の環境を構築する その1

    4. scrapy-redisを使って、redisを使ったクローリングを試し…

    5. Elasticsearch 6 を使ったデータ検証 その4(チュートリ…

    6. VPS環境構築からTableau Server on Linux導入手…

    最近の記事

    制作実績一覧

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    SNS分析での転職支援

    SNS分析での転職支援

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング