AWS IVSの認証キーのtokenをpythonで作成 - 株式会社CoLabMix

AWS IVSの認証キーのtokenをpythonで作成

AWSの配信を実施するIVS。

ユーザー認証をtokenを使用して実施できるので、今回はpythonを利用したtokenの生成を行います。

ドキュメントはこちら。

・再生トークンの生成と署名
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ivs/latest/userguide/private-channels-generate-tokens.html

 

pythonでのtokenの生成

プログラムは以下になります。

 

こちらで生成されたtokenを利用すれば認証を行なってIVSの接続をすることができます。

非常に簡易に配信環境の構築が実施できます。

safariなどで直接「再生 URL」とtokenを繋げた形で接続しても良いですし、以下のようなhtmlを使ってplayerとして実装しても大丈夫です。

 

Playerのドキュメントは以下になります。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ivs/latest/userguide/player-web.html

Playerを利用して接続を行う方が遅延が少なくなるようです。

 

 

関連記事

  1. CentOS8に負荷試験ツールLocustを入れてのテスト その1

  2. CentOS7 + Apache2.4 を 無料 の SSL 「Let…

  3. scrapy-redisを使って、redisを使ったクローリングを試…

  4. React(JavaScript)でサーバー時刻を表示

  5. CentOS7にLAMP環境(PHP7.2)のインストール

  6. Drone構築手順 その1