VPS環境構築からTableau Server on Linux導入手順 - 株式会社CoLabMix

VPS環境構築からTableau Server on Linux導入手順

開発部の「エイジ」です。

VPS環境へTableau Server on Linuxを導入する手順を書き記したいと思います。

★関連記事

Tableau server運用手順〜外部DBサーバーの連携〜

Tableau Hyper API使用例(CSVからHyperへ変換)

今回はVPS環境のCentOS7にインストールを行います。

VPSについて学ぶ

そもそもVPSとは

VPS (Virtual Private Server。仮想専用サーバー)

 

OSの確認

VPSサーバーに入りVPSのOSを確認しましょう。


導入予定のTableau Serverの要件をとしっかり比べましょう

要件の確認

Tableau Server の最小ハードウェア要件と推奨事項

 

スペック不足のエラー

メモリ不足等だと下記のエラーがTableau Serverを導入時に発生します。

 

OSの条件

私はここを疎かにして10時間以上溶かしてしまいました。具体的にはcentos8で動かしていました。

次の Linux ディストリビューションがサポートされています。
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.3 以降、CentOS 7.3 以降、Oracle Linux 7.3 以降。
バージョン 8.x はサポートされません。
Ubuntu 16.04 LTS のみ。
バージョン 17.04 はサポートされません。

Tabelauホームページより

 

ssh ログイン

実際にやっていきましょう。

それぞれを入力してください xxx.xxx.xxx.xxxのところは、それぞれのVPSのIPアドレスに読み替えてください。

 

必要なモジュールをインストール

 

一般ユーザーの作成

 

試しにログインしてみましょう。

sudoを一般ユーザーでも使えるようにする

rootユーザーに切り替えて一般ユーザーにsudoコマンドが使えるようにしましょう。

firewall設定

TSM とTableau Serverはいずれもアクセスするために利用可能な TCP ポートが必要です。TSM は 8850 番ポートが既定で、Tableau Server ゲートウェイ サービスは 80 番ポートが既定です(両ポートとも構成可能)。 Tableau Server をインストールする前に、8850 番ポートと 80 番ポートを Linux システムで使用しないことを強くお勧めします。

利用可能なポート

portを開けます。

Tableau serverをインストール

TSMのインストール

TSM の Web UI へのサインイン

https://xxx.xxx.xxx:8850/ (サーバーの IP アドレスを知っている場合) 警告が出ますがそのままWebサイトを閲覧

TMSにログインするためのアカウント作成

使用するアカウントは初期化中に作成された tsmadmin グループのメンバーでなければなりません。

セットアップ

必要事項をそれぞれ記入して、初期化されるのを待ちます。しばらく時間がかかります。

管理者ユーザーの登録

初期化が成功するとエラーが発生していますが、管理者がいないのが原因です。

今作成した、userとpassを記入すれば無事全て完了です。お疲れ様でした。

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

関連記事

  1. CentOS7にZABBIXサーバのインストール

  2. AWS Lambdaをpython-lambda-localとlamb…

  3. SumEvalというPythonのテキスト評価用のライブラリを試してみ…

  4. Elasticsearch 6 を使ったデータ検証 その4(チュートリ…

  5. CentOS7 に Hadoop と Mahout を入れて機械学習を…

  6. Elasticsearchの形態素解析機Sudachiでユーザー辞書(…