Tableau Hyper API使用例(CSVからHyperへ変換) - 株式会社CoLabMix

Tableau Hyper API使用例(CSVからHyperへ変換)

開発部の「エイジ」です。

今回はTableau Hyper APIを使ってcsvファイルをhyperファイルに変換する手順を記したいと思います。

一般的にはDBサーバーをTableauサーバーにつないでデータの反映をすると思いますが、

csvファイルからのデータの運用が発生する機会に備えて手順を残しておきます。

★関連記事

VPS環境構築からTableau Server on Linux導入手順

Tableau server運用手順〜外部DBサーバーの連携〜

 

環境

CentOS Linux release 7.8.2003 (Core)

 

Hyper APIのインストール

Hyper API

.zip,.whiの二つをダウンロードします。私はpythonを選びました。

.whiをインストール

 

書き換えたいCSVファイルをインポート

.zipを開いた先の/example/data内にcsvファイルを置きます。

ファイイル内を書き換えます。

csvファイルをhyperに変換させたいのでサンプルのcreate_hyper_file_from_csv.pyを使用します。

 

出力されるファイル名を指定

 

使うデータを指定

 

実行コマンド

これで****.hyperが作成されます。

 

Server上にファイルを送りデータをTableua Serverにpublishする

ローカルで作成したhyperファイルを作成済のデータソーズに上書きします。

 

ワークシートの更新

 

このように成功するとジョブに履歴が残ります。

一連の流れは以上です。お疲れ様でした。

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

関連記事

  1. kibana と Beats (metricbeat)を使ってサーバの…

  2. Elasticsearchでエイリアスの作成

  3. CentOS8 + Apache2.4 を 無料 の SSL 「Let…

  4. CentOS7のPython3でJUMAN++のインストールと利用

  5. ElasticSearchでjava.lang.OutOfMemory…

  6. DockerでRails5.2の環境を構築する その2