Google Cloud Platform を Cloud SDKで設定(CentOS7)

CentOS7でGoogle Cloud Platformをコマンドベースで設定するために、Cloud SDKをインストールしての設定を行います。

事前にコーンソールのIAMから「サービスアカウント」を作成して、ロールを設定しJSONファイルを保存しておきます。

それではインストールを行います。

GCloud SDKのインストール

yumでのインストールを行うためにリポジトリの追加を行います。

 

インストールを行います。

 

次に事前に準備したサービスアカウントの紐付けを行います。

ファイル内の「client_email」を確認し、以下のコマンドを実施します。

紐付きがされたか、認証の情報を確認します。

現在設定されているコンフィグの設定も確認してみます。

 

こちらで、サービスアカウントに紐付けされたロールでのコマンドなどが実施できます。

試しにCloud Storageでのバケット内のファイルの一覧を確認してみます。

無事、確認が行えました。

リモートからの操作などが実施できます。

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

関連記事

  1. Django でWebアプリケーションを作成してみる その1(ubun…

  2. [ Rails : アンチパターン ] Validation しすぎで…

  3. Firefoxの「RESTClient」からPOSTの値の送信

  4. CentOS7系の最新版のredisをyumでインストール

  5. 「outlook.jp」や「hotmail.co.jp」宛のメールがエ…

  6. Django2.1.1 を使ってログインを実装する