Python で Elasticsearch の settings と mappings を作成 - 株式会社CoLabMix

Python で Elasticsearch の settings と mappings を作成

Python で Elasticsearch の settings と mappings を作成を実施してみます。

python 3.6で実施してみました。

 

事前準備

事前にライブラリのインストールを行います。

 

Elasticsearch へ python で接続するプログラムの作成

続いて本体のプログラムの作成です。

 

settingsでは前に作成したsudachi関連でトークナイザーの設定をしていますが、あまり詳細には設定入れていません。

Elasticseach への接続するためのコネクションの確立とそれ以降の設定の実施を行なっています。

あまり難しい感じではないですが、 python と elasticsearch の組み合わせの基本ですので。

★関連記事
pythonでのElasticsearchのエイリアス(ailias)の作成と確認と削除

 

関連記事

  1. VPS環境構築からTableau Server on Linux導入手…

  2. 第24回Elasticsearch勉強会「入門編」 に参加してみた

  3. AWSのCloudFrontに署名付きURLを使って有効期限付きのWe…

  4. terraformでAmazon VPC エントポイント(endpoi…

  5. CentOS6にZABBIX Agentのインストール

  6. Elasticsearch 6 を使ったデータ検証 その1(Docke…