Python で Elasticsearch の settings と mappings を作成

Python で Elasticsearch の settings と mappings を作成を実施してみます。

python 3.6で実施してみました。

 

事前準備

事前にライブラリのインストールを行います。

 

Elasticsearch へ python で接続するプログラムの作成

続いて本体のプログラムの作成です。

 

settingsでは前に作成したsudachi関連でトークナイザーの設定をしていますが、あまり詳細には設定入れていません。

Elasticseach への接続するためのコネクションの確立とそれ以降の設定の実施を行なっています。

あまり難しい感じではないですが、 python と elasticsearch の組み合わせの基本ですので。

★関連記事
pythonでのElasticsearchのエイリアス(ailias)の作成と確認と削除

 

関連記事

  1. 外部のライブラリを利用してのAWS Lambdaの設定

  2. さくらVPS の CentOS7 サーバに Elasticsearch…

  3. 機械学習のfastTextをCentOS7環境のPython3を使って…

  4. CentOS7にZABBIX Agentのインストール

  5. CentOS7のPython3でMeCabのmecab-ipadic-…

  6. Elasticsearch 6 を使ったデータ検証 その7(Analy…