terraform構築手順〜EC2編〜 - 株式会社CoLabMix

terraform構築手順〜EC2編〜

開発部の「エイジ」です。

今回はterraformを使ってEC2を構築する手順を書きたいと思います。

 

terraformとは

公式

HashiCorpが手がける、インフラ構築や設定をコード(テンプレートファイル)を使って自動化するためのツールであり、 Infrastructure as Code を実現するOSSです。

 

terraformを使用することのメリット

AWS等のGUIで設定せずコードで一気に作成ができ、また消去も再利用もすることができ大変便利です。
まずはTerraformのインストールから行います。

 

Terraformインストール

 

Homebrew でインストールします。

Terraformのバージョン確認


 

AWSの環境構築

今回はAWS(EC2)をするにあたりiamユーザーを作ります。

IAM ユーザーを作る

AWS CLIを使うのでプログラムによるアクセスにも☑️してください。

管理権限をAdministratorAccessにしてください。

無事作成できたら次にAWS CLIをインストールします。

AWS CLI

AWS CLIの設定

先ほど制作したiamユーザーの情報を登録します。


一つづづ先ほど作成したiamユーザーから設定していきます。

 

Terraformを作成する。

 

これからEC2作成までを書いていきます。

まずはTerraformのコマンドを記します。

まずはTerraformを書き込むファイルを作成します。

※Terraformは拡張子が.tfのファイルを自動的にテンプレートとして認識してくれます。

 

下記のようにまずはプロバイダーとVPCを宣言します。

 

コマンドを実行します。


実際にAWS上で確かめると作成されています。

このようにAWS上からGUI操作せずにコードを書いてインフラを構築することができます。

このように宣言するresourceを指定して様々なものが作成されます。

それではEC2作成まで書き記します。

 

インスタンスのkey_nameについて

GUIで作るときはインスタンス作成時にsshキーを新規作成や既存のキーを使いAWSにアクセスしますが、
terraformで作成する場合は.tfvarsファイルから参照して公開鍵をインスタンスのkey_nameに貼り付けます。
私はterraform-awsという名前で鍵を作成しました。

terraform.tfvarsに外部ファイルの参照先を指定します.tfvarsもterraformコマンド実行時に読み込みがされます。

さらに.tfvarsはgithubに挙げないとこが大事です

これでTerraformコマンドを実行します。

 

これで無事EC2を作ることができました。

実際にsshログインしてみましょう。

参考

以上になります。お読みいただきありがとうございました。

 

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

    関連記事

    1. CentOS7系の最新版のredisをyumでインストール

    2. Tableau Serverで基本的なチャートの作成(後編)

    3. Sky WayでMeetingアプリをReactで実装

    4. Scrapyでデータ取得でクローリングで取得したURLから検索する(S…

    5. DockerでRails5.2の環境を構築する その1

    6. autditbeatをcentos7にインストールして監査ログをとって…

    最近の記事

    制作実績一覧

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    SNS分析での転職支援

    SNS分析での転職支援

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング