Ubuntu 18.04 に MariaDBのインストール - 株式会社CoLabMix

Ubuntu 18.04 に MariaDBのインストール

Ubuntu 18.04 に MariaDB のインストールを実施します。

MariaDBのインストール

インストールは以下で実施します。

 

次に設定ファイルを以下のように変更します。

 

Collationを「utf8mb4_bin」に設定しました。

「utf8mb4_general_ci」だと大文字と小文字を区別してくれません。

Web系のアプリで一部セキュリティホールになる可能性があるので、大文字と小文字を区別してくれる「utf8mb4_bin」を利用しています。

★MySQLの文字コードとCollation
https://qiita.com/tfunato/items/e48ad0a37b8244a788f6

 

DBの初期設定

次にDBの初期設定を実施します。

 

そして次にrootパスワードの設定など。

 

パスワードが空白で入らなくて中止となりました。

ちなみにコンソールでの接続もエラーになります。

 

これはrootのパスワードが「unix_socket」を利用したログインとなっており、Unixユーザを利用してログインしようとしているためです。

★Ubunt 16.04でMariaDBをインストールするとパスワードが変
https://jyn.jp/ubuntu-16-04-mariadb-password-bug/

そこで、UNIXのrootユーザーになり状況を確認してみます。

 

こちらの設定が入っているのでrootユーザーはこのままにしておきます。

そこで、アプリ用のDBなどを作成し、ログインユーザーを作成します。

必要な作業が実施できました。

アプリに必要な設定などできましたのでインストールと基本設定はこちらで完了します。

 

このブログは株式会社CoLabMixによる技術ブログです。

GCP、AWSなどでのインフラ構築・運用や、クローリング・分析・検索などを主体とした開発を行なっています。

Ruby on RailsやDjango、Pythonなどの開発依頼などお気軽にお声がけください。

開発パートナーを増やしたいという企業と積極的に繋がっていきたいです。

お問い合わせやご依頼・ご相談など

     

    関連記事

    1. AWSのLambdaでScrapyを動かす その1

    2. Dockerfileを使った基本的なDockerの動作

    3. 「outlook.jp」や「hotmail.co.jp」宛のメールがエ…

    4. [ Rails : アンチパターン ] Validation しすぎで…

    5. AWS CLIのインストールについて(Ubuntu 16.04.4)

    6. pythonを使ってmongodbの操作

    最近の記事

    制作実績一覧

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITシステム開発の開発先・発注先の選び方を見つけるコンシェルジュサービス

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    ITクリエイターのための転職・仕事情報サイト

    SNS分析での転職支援

    SNS分析での転職支援

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング

    受託パートナーのマッチングとSES人材のマッチング